JP/ EN

My Little Funny Pages

 Shoichi IDA『My Little Funny Pages』 2020 09/11-10/25

●Consept

In the 1960s, Shoichi IDA incorporated Pop Art, which was a new trend in art, and has got a lot of attention while depicting motifs of the toilet bowls, baby bottles, or naked babies in a bright color.Receiving a grant from the French government, IDA has stayed in Paris and explored further expression to superficially capture invisible images such as "wind" or “air". He has established his philosophy that becomes his lifelong concept "Surface is the Between - Between Vertical and Horizon" in the 1970s, and by employing oil, ceramic, bronze, and paper pulp or so on, has worked energetically in production after the 1980s.

My Little Funny Pagesシリーズ ※外部サイトにリンクしています。

work1 work1 work1 work1
1965 京都市立美術大学西洋画科専攻科修了
1967 第2回毎日フランス留学コンクール展(フランス政府主催)第2位
1968 新人作家のためのサンヨー文化賞 第3回毎日フランス留学コンクール展大賞
1974 第2回ノルウェー国際版画ビエンナーレ展(ソンヤ・ノルウエー)買上
第2回芦屋川国際版画ビエンナーレ展大賞
京都府美術展買上賞 ジャパンアートフェスティバル
1975 第11回リュブリャナ国際版画ビエンナーレ展(ユーゴスラビア)リエーカ近代美術館賞
1976 第10回国際版画ビエンナーレ展 文部大臣賞
1977 第1回現代版画大賞展 優秀賞 第13回日本現代美術展 京都国立近代美術館賞
1978 第7回クラクフ国際版画ビエンナーレ展第3位(ポーランド・名古屋)
イビザ国際版画ビエンナーレ展 イビザグラフィック'78特別賞(スペイン)
1980 アートボックスブランナール(高知)
1981 第14回リュブリャナ国際版画ビエンナーレ展第2位、サラエボ美術アカデミー賞(ユーゴスラビア)
1982 第7回英国国際版画ビエンナーレ展 ピーター・ミラード賞(イギリス)
第10回国際版画ビエンナーレ展 文部大臣賞