JP/ EN

「グローバル」という言葉が一般に使われるようになって久しい。
わたしたちの日常生活においても、もはやこの言葉を聴かない日はないようにさえ思われます。

「相互関係の親密化」「複合的結合」「ハイパー・コネクティヴィティ」... その状況を言及する語彙は多々あれど、しかし果たしてわたしたちの思考は、この現象に順応するように充分に「球体化」しているのでしょうか。わたしたちはどれほど身体の実感を持って、地球の裏側の出来事に目を向けることができるのでしょうか。

グローバル化した人間の活動が南極の氷を溶かし、熱帯のジャングルを焼き、ますます熱を発する放射性物質のかたわらで、新しい地層の定義が議論される。人工知能がセンサー内蔵の道路を走り、やがて特異点に差し掛かる集積情報からはじき出された「合理的な選択」が、人類の足元を照らし始めているような今日。わたしたちはかつてないこの「豊穣の苦難」に、一体どのように向かい合ってゆくべきなのでしょうか。

キカ・ギャラリーは2020年、コロナ禍中での準備期間を経て、同年9月に京都市北山に誕生しました。

伝統文化の根付く古都・京都で、現代アートを通して同時代の様々な運命と向かい合う。キカ・ギャラリーは国境に囚われない、世界市民的な発想と開かれた対話のプラットフォームを築くことを目的としています。