cosmopolitan#2

photo by Manabu KANAI

 cosmopolitan#2

2021.8.07- 8.22

Just as one’s “own self” can be established only after acknowledging the existence of “others” in the life, just as one’s “own cultural background” can be reconsidered by looking at “different cultures” in the world, in order to establish a truly global consciousness in our so-called “global society”, we may need to look at the globe from a different perspective, such as a “different globe”.

“If a tree falls in a forest and no one is around, does it make a sound?” is a philosophical thought experiment that raises questions regarding observation and perception. It is said to be a question posed by the Irish philosopher and clergyman George Berkeley (1685 - 1753).

Can “I” exist without “you”? Can “art” exist in a world without humans, the subject of perception?

Globalized humans are melting the south polar ice, burning tropical rainforests, and debating the definition of a new geological era. AI is running / runs along internal sensors. The logical choice produced by the aggregation of information, and the eventual arrival of the singularity, is just starting to shine a light at the feet of humanity. How should we deal with this unprecedented situation of global reality?

“Cosmopolitan” is a serial exhibition that is designed to encourage us to think as citizens of Earth. In this second session, titled “If a tree falls in a forest…” at the gallery HIGURE 17-15 cas in Nishi-Nippori, Arakawa-ku, Tokyo, we will introduce the works of Manabu Kanai, Mizuki Kajihara, Sae Takahashi, and Jun’ichiro ISHII.

at HIGURE 17-15.cas
3-17-15 Nishinippori, Arakawa, Toyko, Japan


homeWeb

design by Kazuya KIKKAWA

石井潤一郎

背景情報を違えることによって、シニフィアン(意味すること)とシニフィエ(意味されること)は一時的に破壊される。石井はこの分解されたシーニュ(記号)を、再構築するように作品制作を行っている。 作品の方法・素材に関して特定のスタイルは持たないが、いずれの場合も場所から得たインスピレーションを、もっとも率直な形で視覚化する。これらの作品は、「日常」の非日常的な解釈か、或いはもっとシンプルな、文化のスケッチのようなものに似ている。

web

金井学

芸術を実践する行為そのものを、それぞれに(複数的な)スペシフィシティを持つ事物を構成することによって、人工補綴(身体や記憶の外在化)としてのある種の言語(形式)を作り出すこととして位置づけつつ、そのような言語の発明の瞬間に生成し得る特異な時間・空間のダイナミズムを探求している。

web

梶原瑞生

主に西洋のクラシック音楽を題材にし、正確に組み立てられた楽譜を身体的経験によって破壊・再構成するという試みを通して作品を制作している。記号を新しい情報に置き換えることへの関心から出発し、音楽を通して現代と古典を繋ぐことで、現代アートの新しい可能性を探る。

web

高橋沙絵

壁や床のひび割れや汚れなどから美的性質を見つけ、抽象絵画へ昇華する作品を制作。筆を使わず、指や手の掌または絵具チューブから直接キャンバスへ絵具を載せ、身体からのエネルギーを注ぐ。

web