COSMOPOLITAN

 COSMOPOLITAN 2020 10/02-11/01

In every aspect of life: society, politics, economics, culture and the environment, global activity is on the rise and at this point “information” which surpasses time and distance has long had a real effect on our daily lives. In such a world, where numerous problems are unfolding on a global scale, how should we think about the world going forward?

“Cosmopolitan” is a serial exhibition that is designed to encourages us to think as citizens of Earth. This is the first of the series and features four artists whose activities are focused in Japan while they keep one eye on the wider world: Jun’ichiro Ishii, Mizuki Kajihara, Sae Takahashi and Manabu Kanai. Over the course of one month we will feature one artist each week.

● Artist

Jun'ichiro ISHII 10/02-10/11  Mizuki KAJIHARA 10/13-10/18

Sae TAKAHASHI 10/20-10/25    Manabu KANAI 10/27-11/01

石井潤一郎 2020/10/2-10/11

背景情報を違えることによって、シニフィアン(意味すること)とシニフィエ(意味されること)は一時的に破壊される。石井はこの分解されたシーニュ(記号)を、再構築するように作品制作を行っている。 作品の方法・素材に関して特定のスタイルは持たないが、いずれの場合も場所から得たインスピレーションを、もっとも率直な形で視覚化する。これらの作品は、「日常」の非日常的な解釈か、或いはもっとシンプルな、文化のスケッチのようなものに似ている。

web 

梶原瑞生 2020/10/13-10/18

主に西洋のクラシック音楽を題材にし、正確に組み立てられた楽譜を身体的経験によって破壊・再構成するという試みを通して作品を制作している。記号を新しい情報に置き換えることへの関心から出発し、音楽を通して現代と古典を繋ぐことで、現代アートの新しい可能性を探る。

web 

高橋沙絵 2020/10/20-10/25

壁や床のひび割れや汚れなどから美的性質を見つけ、抽象絵画へ昇華する作品を制作。筆を使わず、指や手の掌または絵具チューブから直接キャンバスへ絵具を載せ、身体からのエネルギーを注ぐ。

web  shopping_cart

金井学 2020/10/-11/01

芸術を実践する行為そのものを、それぞれに(複数的な)スペシフィシティを持つ事物を構成することによって、人工補綴(身体や記憶の外在化)としてのある種の言語(形式)を作り出すこととして位置づけつつ、そのような言語の発明の瞬間に生成し得る特異な時間・空間のダイナミズムを探求している。

web  shopping_cart